「犬」とはいつから言えなくなったのか

「犬」って言っちゃいけないんですか?

最近テレビ等のメディアを観ていていると、「犬」のことを「犬」って言わないんです。

「ワンちゃん」って言うんです。

いや、私も犬が嫌いってわけじゃないし、「ワンちゃん」って言葉が嫌いなわけでもありません。

先日のバラエティ番組に関しては、犬をテーマに話していたのですが、結局最後まで、犬のことは「ワンちゃん」で「犬」は一度たりとも使いませんでした。

いつから「犬」と言ってはいけなくなったのでしょう?

メスメディアが「ワンちゃん」を使うように内部規制しているのでしょうか?

それにしては1局、1社だけではなく日本全体のコンセンサスの様な雰囲気さえあります。

この同調圧力、ちょっと怖い( ゚Д゚)

百歩譲って「ワンちゃん」をよしとしましょう。

それなら猫はどうして「ネコちゃん」なんですか?

犬が「ワンちゃん」なら猫は「ニャンちゃん」でしょう

さらに言うなら豚も「豚」と言ってはいけないし、牛も「牛」とは言わないはずですよね

そういった矛盾も私に疑問を抱かせる要因です。

なんかモヤモヤする・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA